レポート集~法哲学~カルネアデスの板

この記事の所要時間: 27

レポート集  法哲学

「カルネアデスの板」とはどのような問題かについて述べよ。

難破した船から投げ出され波間に漂う二人の船員の前に、一人の人間がすがるのにやっとという大きさの一片の板切れが流れてきた。ある男は命からがら、その板切れにつかまったが、もう一人も同じ板につかまろうとした。二人がすがれば板が沈むと考えた男は、あとから来た者を沈めて溺れさせ、結果的に自分だけが助かった。このとき、他方を溺れさせて、自分だけ命拾いした男は、裁判にかけられ、罪には問われなかった。以上が古代ギリシアの哲学者、カルネアデスが出した問題であり、今日「カルネアデスの板」と呼ばれているものである。

「カルネアデスの板」において、自分だけ助かった男は、現代の日本の法律から見ても刑法第37条の緊急避難に当てはまる為、罪には問われない。この際、論争の焦点となるのは、法と道徳の関係である。道徳的立場から言うと、他人を溺れさせて、自分だけ助かろうとする自己中心的な態度は非難の対象となる。道徳は、ときに自分を犠牲にしても他人の命を救うべきであるといった様な、一般人が守れそうなことよりも一段高いことを要求する。翻って、法律は、このような絶体絶命の危機におかれた状況下で、ほかに助かる手段がなければ、他人を突き飛ばして自分だけ助かろうとする行動をとっても致し方ないと認めている。前述したように刑法では第37条第1項本文において、緊急避難という名で、自己や第三者の権利や利益を守る手段として認めている。但し、危難を避けるために他の手段があり得た場合や、危難を避けようとしなかったときに被っただろう法益が、避難行為によって侵害した法益より大きい場合は、程度を超えた行為であり、情状によって刑が減免されるに過ぎない。これを過剰避難といい同項で規定している。

これまでに述べたことから、法と道徳の間に、要求水準の程度に違いがあることがいえる。法は一般通常人が守れそうだというところに水準を置き、それに違反しないよう要請する。一方、道徳の場合は、ときに一般通常人が守れそうなところより一段高いところに水準を置いて、少しでもその基準に合った気持ちを持つことや、行動を行うことを期待するものである。
また、法と道徳の違いとして、強制力の違いがある。法は、あらかじめ定められた方法によって公的な強制力を持つ。対して、道徳は公的な強制力を持たないものの、道徳違反については、世間からの非難や、マスコミによる指弾など、非定型的な社会的制裁がなされることがある。

フォローする