刑法学レジュメ~錯誤論

この記事の所要時間: 42

レジュメ 刑法上の錯誤

 (1) 事実の錯誤と法律の錯誤

① 事実の錯誤:事実を誤認した場合

② 法律の錯誤:違法なものを適法なものと誤信した場合

Tb  客観的構成要件の認識  ←事実の錯誤:故意を阻却する。

R   違法性阻却事由の不認識 ←事実の錯誤:故意を阻却する。

S   違法性の意識      ←法律の錯誤:故意を阻却しない。

 (2) 法律の錯誤(刑38Ⅲ)

自己の行為を適法だと誤信して犯罪を犯した場合

<違法性の意識は必要か>

不要説(判例)

違法性の意識の可能性説(制限故意説)

必要説(厳格故意説)

 (3) 事実の錯誤(刑38Ⅱ)

①同一構成要件における錯誤

<態 様> 甲を射殺しようと思ってけん銃を発射した。ところが,………

方法の錯誤  :隣にいた乙に当たり,乙が死亡した。

客体の錯誤  :それは,甲ではなく乙であり,乙が死亡した。

<理論構成>

具体的符合説:「その人」という範囲で一致することが必要

(方法)甲に対する殺人未遂・乙に対する過失致死

(客体)乙に対する殺人既遂

法定的符合説:「およそ人」という法定の範囲で一致すれば足りる(判例)。

(方法)甲に対する殺人未遂・乙に対する殺人既遂

(客体)乙に対する殺人既遂

*方法の錯誤で甲・乙の両人が死亡したら?(故意の個数を考慮するか)

考慮する立場(一故意説):甲に対する殺人既遂・乙に対する過失致死

考慮しない立場(判例) :甲乙二人に対する殺人既遂

観念的競合はこのような場合を予定しているから

*発展論点:因果関係の錯誤

窒息死させようとして首を絞めたところ,意識を失ったので死んだものと思い,海へ投げ込んで,でき死させた。

(A)「首を絞める行為」と「海へ投げ込む行為」を分離しない立場

Tb客観面:「首を絞める」……実行行為

「海へ投げ込む」…因果経過:条件関係あり・相当因果関係の範囲内

「でき死」……結果発生

Tb主観面:因果関係の認識は必要か?…いずれの立場でも殺人罪が成立

必要説:相当因果関係の範囲内であれば「故意」が認められる。

不要説:故意の成否に,因果関係の認識は不要(判例)

(B)「首を絞める行為」と「海へ投げ込む行為」を分離する立場

第1の行為:「首を絞める」……実行行為

「意識を失う」……結果不発生(=殺人未遂)

第2の行為:「海へ投げ込む」…過失犯の実行行為

「でき死」……結果発生(=過失致死)

②異なる構成要件における錯誤

軽い罪のつもり→重い罪=重い罪で処罰不可(刑38Ⅱ)

<無罪か?それとも,軽い罪で処罰できるか?>

重い罪のつもり→軽い罪=<無罪か?それとも,いずれかの罪で処罰できるか?>

<態様その1> 甲を射殺しようと思ってけん銃を発射した。

方法の錯誤:隣にいた甲の飼い犬に当たり,その犬が死亡した。

客体の錯誤:それは,甲の飼い犬であり,その犬が死亡した。

<理論構成>

法定的符合説:「およそ人」という法定の範囲内でしか故意は認められない。

抽象的符合説:「およそ犯罪」を認識した以上発生した結果について故意が認められる。

<態様その2> 他人の占有する財物を窃取しようと思って,駅のベンチにおいてあったカバンを持ち去った。ところが,そのカバンは甲が紛失したものだった。

<理論構成>

法定的符合説:「およそ他人の財物」という法定の範囲内でしか故意は認められない。

しかし,構成要件が同質的で重なり合う場合には,

重なり合いの範囲で故意が認められる。

→「窃盗罪」と「遺失物横領罪」は,遺失物横領罪の範囲で重なり合う。

抽象的符合説:「およそ犯罪」を認識した以上発生した結果について故意が認められる。

③法定的符合説のまとめ

・同一構成要件内 …犯罪が成立+故意の個数を考慮しない

(甲を殺そうと思ったら,乙が死亡) …乙に対する殺人罪

(甲を殺そうと思ったら,乙・丙が死亡)…乙・丙に対する二つの殺人罪

・異なる構成要件 …犯罪は不成立+構成要件の重なり合う範囲内ででは犯罪が成立

(甲を殺そうと思ったら,甲の飼い犬が死亡)…不処罰(過失による器物損壊)

(他人の財物を窃取しようと思ったら,落とし物だった)…遺失物横領罪

フォローする