admin一覧

学説判例研究~憲法~政党と選挙制度

憲法学説判例研究 政党と選挙制度 トリーペルの4段階説 トリーペルは、議会と政党の歴史的関係を整理して、政党に対して国法は、① 敵視② 無視③ 承認...

記事を読む

学説判例研究~民法~レジュメ~債権の意義

民法レジュメ 債権の意義 ●特定の人が特定の人に対して一定の行為を請求できる権利。 ↓ 人の人に対する権利(対人権)ととらえることができる。 こ...

記事を読む

政治学レジュメ~デモクラシーの今後(Robert Dahl 『On Democracy』15章)

政治学レジュメ デモクラシーの今後 CHAPTER 15 The Unfinished Journey 15章 未完のたび 20世紀はデモク...

記事を読む

政治学レジュメ~デモクラシーと資本主義市場経済(Robert Dahl 『On Democracy』14章)

政治学レジュメ デモクラシーと資本主義市場経済 CHAPTER 14 Why Market-Capitalism Harms Democracyデモ...

記事を読む

トピック~時事問題~希望の党は何を目指すのだろう

希望の党は何を目指すのだろう 今月28日、民進党は両院議員総会において、比例代表を含め公認候補を擁立しないことを全会一致で採択した。そして、各議員が希望...

記事を読む

学説判例研究~憲法~〔一票の格差〕定数不均衡訴訟

定数不均衡訴訟まとめレジュメ ― 定数不均衡の経緯 ― 訴訟形態 ― 判例   L  1972年総選挙定数訴訟(最大判S51.4.14)  ...

記事を読む

学説判例研究~民訴~弁論主義の第1テーゼ

学説判例研究 弁論主義の第1テーゼ(主張責任) 裁判所は証拠調べの結果ある事実が存在すると認定できる場合であっても、当事者がそれを口頭弁論において主張...

記事を読む

学説判例研究~民訴~弁論主義総論

学説判例研究 民訴 弁論主義総論 弁論主義とは、判決の基礎をなす訴訟資料の収集と提出を当事者の権能と責任をする建前。 ●内容 (1) 主張責任 ...

記事を読む

学説判例研究~行政法~ノート~136-138事件

行政判例ノート 136~138 136:公務員の退職願の撤回 【最判昭和34年6月26日】 ■論点 ・公務員の退職願の撤回は許されるか。 ■...

記事を読む

学説判例研究~行政法~ノート~131-135事件

行政判例ノート 131~135 131:申請に対する応答の留保(1) 【最判昭和57年4月23日】 ■論点 ・長期にわたる処分の留保が国賠法1条1...

記事を読む

学説判例研究~行政法~ノート~126-130事件

行政判例ノート 126~130 126:運輸審議会の審理手続 【最判昭和50年5月29日】 ■論点 ・諮問を経て行政処分がされるべき場合における諮...

記事を読む

学説判例研究~行政法~ノート~121-125事件

行政判例ノート 121~125 120:独禁法上の課徴金 【最判平成10年10月13日】 ■論点 ・刑事罰(罰金刑)が確定し、かつ国から不当利得返...

記事を読む

学説判例研究~行政法~ノート~111-120事件

行政判例ノート 111~120 111:税務調査と国税犯則調査 【最決平成16年1月20日】 ■論点 ・税務調査を犯則調査の手段として行使すること...

記事を読む