学説判例研究-民訴 | 法学部自習室idest.club

学説判例研究-民訴一覧

学説判例研究~民訴~弁論主義の第1テーゼ

学説判例研究 弁論主義の第1テーゼ(主張責任) 裁判所は証拠調べの結果ある事実が存在すると認定できる場合であっても、当事者がそれを口頭弁論において主張...

記事を読む

学説判例研究~民訴~弁論主義総論

学説判例研究 民訴 弁論主義総論 弁論主義とは、判決の基礎をなす訴訟資料の収集と提出を当事者の権能と責任をする建前。 ●内容 (1) 主張責任 ...

記事を読む

学説判例研究~民訴~証拠法総論

証拠法総論 証明と訴明 証明=裁判官がある事実につき高度の蓋然性をもってその存在を確信した状態、または、裁判官の心証をその状態まで到達させるよう働きか...

記事を読む

学説判例研究~民訴~訴訟上の和解の効力

訴訟上の和解の効力 1.訴訟上の和解の効力 (1)訴訟終了効 (2)判決効 ・執行力 和解調書の記載内容に具体的な給付義務が含まれている場合、和...

記事を読む

学説判例研究~民訴~当事者適格

当事者適格 1. 意義 訴訟物たる特定の権利又は法律関係について、当事者として訴訟を追行し、本案判決を求めることができる資格をいう。 訴訟追行権や正...

記事を読む

学説判例研究~民訴~重複起訴の禁止

重複起訴(二重起訴)の禁止 1.条文 重複起訴の禁止は、民事訴訟法142条に規定されている。 「裁判所に係属する事件については、当事者は、更に訴えを...

記事を読む