論証集一覧

論証集~憲法~生存権

生存権(25) 法的性質 明文上、「権利」としている以上、法規範性を否定することは妥当でない。 他方、権利内容は抽象的・相対的であり、いかなる手...

記事を読む

論証集~憲法~経済的自由

経済的自由 審査基準 二重の基準論 精神的自由が不当に制限されると、民主制の過程そのものが瑕疵を帯びることになり、議会による是正が不可能...

記事を読む

論証集~憲法~教育を受ける権利

教育を受ける権利(26) 背景 思うに、今日では国民の生活水準が向上し、これに伴い国民の求める教育水準も向上しており、高等教育の必要性が高まっている。...

記事を読む

論証集~刑法各論~通貨偽造

通貨偽造 1 通貨偽造及び行使罪 (1) 保護法益 通貨偽造罪の保護法益は、通貨の真正に対する公共の信用であると解する。 (2) 「偽造」...

記事を読む

論証集~憲法~労働基本権

労働基本権 内容 ① 労働者の権利保護を目的とし、私人間に直接適用されるため、使用者は労働者の労働基本権行使を尊重すべき義務を負う ② 労働基本...

記事を読む

論証集~刑法各論~猥褻罪

論証集~刑法各論~猥褻罪 猥褻罪 わいせつ罪の保護法益 現行法上の解釈論としては、わいせつ罪は社会的法益に対する罪と捉えるべきであるから、その保護法...

記事を読む

論証集~民法~不法行為

不法行為 不法行為の要件 過失の意義 この点、「過失」(709)を、一定の結果が発生することを予見することが可能でありながら、不注意のために予見しな...

記事を読む

論証集~憲法4~思想良心の自由、信教の自由

思想・良心の自由 思想・良心とは 人格形成活動に関連のない内心の活動を含めるときは、思想・良心の自由の高位の価値を希薄にし、その自由の保障を軽くするも...

記事を読む

論証集~憲法3~平等権

平等権 「法の下」 法内容が不平等は、いかに平等に適用しても平等の保障は実現されず、個人の尊厳を害する。そこで、「法の下」とは、法適用のみならず、...

記事を読む

論証集~憲法2~私人間効力、公共の福祉、幸福追求権

私人間効力 直接適用すると、国家の過度の介入を招来し私的自治を害する。 他方、資本主義の高度化に伴い、大企業等の社会的権力による人権侵害の危険が増大し...

記事を読む

論証集~憲法1~享有主体性

人権享有主体性 【法人】 法人は現代社会において一個の社会的実体として重要な活動を行っている。 そこで、性質上可能な限り認められると解する。 ...

記事を読む

論証集~行政法10~附款・法律と条例

論証集  行政法総論 附款・法律と条例 附款の意義と限界 附款とは、行政行為の効果を制限するため、行政庁の意思表示の主たる内容に付加された従たる意思...

記事を読む

論証集~行政法9~行政指導

論証集  行政法総論 行政指導 行政指導と法律の根拠の要否 行政指導には法律の根拠が必要か。 この点について、行政指導は、相手方の任意の協力を前提...

記事を読む