学説判例研究~行政法~レジュメ~公法と私法の関係

行政法レジュメ 公法と私法の関係 伝統的学説(田中二郎) 「行政法とは行政の組織及び作用並びにその統制に関する国内公法である」(上p69-p83...

記事を読む

論証集~憲法~生存権

生存権(25) 法的性質 明文上、「権利」としている以上、法規範性を否定することは妥当でない。 他方、権利内容は抽象的・相対的であり、いかなる手...

記事を読む

学説判例研究~民訴~当事者適格

当事者適格 1. 意義 訴訟物たる特定の権利又は法律関係について、当事者として訴訟を追行し、本案判決を求めることができる資格をいう。 訴訟追行権や正...

記事を読む

レポート集~行政学~官僚制

レポート集~行政学 官僚制 今日の官僚制とは、ウェーバーによると6つの要素に集約される合理的な活動を意味している。すなわち、①成員の行動や組織運営を規...

記事を読む

レポート集~租税論~租税原則

レポート集~租税論 租税原則 現代における租税原則は、1984年に公刊されたアメリカ財務省の税制報告書によると、「公平の原則」「中立の原則」「簡素の原...

記事を読む

学説判例研究~民訴~重複起訴の禁止

重複起訴(二重起訴)の禁止 1.条文 重複起訴の禁止は、民事訴訟法142条に規定されている。 「裁判所に係属する事件については、当事者は、更に訴えを...

記事を読む

論証集~憲法~経済的自由

経済的自由 審査基準 二重の基準論 精神的自由が不当に制限されると、民主制の過程そのものが瑕疵を帯びることになり、議会による是正が不可能...

記事を読む

論証集~憲法~教育を受ける権利

教育を受ける権利(26) 背景 思うに、今日では国民の生活水準が向上し、これに伴い国民の求める教育水準も向上しており、高等教育の必要性が高まっている。...

記事を読む

論証集~刑法各論~通貨偽造

通貨偽造 1 通貨偽造及び行使罪 (1) 保護法益 通貨偽造罪の保護法益は、通貨の真正に対する公共の信用であると解する。 (2) 「偽造」...

記事を読む

論証集~憲法~労働基本権

労働基本権 内容 ① 労働者の権利保護を目的とし、私人間に直接適用されるため、使用者は労働者の労働基本権行使を尊重すべき義務を負う ② 労働基本...

記事を読む

学説判例研究~行政法~レジュメ~取消訴訟の判決の効力

行政法~レジュメ 取消訴訟の判決の効力 判決の種類 却下判決 …訴訟要件を満たさず不適法であるとして訴訟の入り口で門前払いとなる...

記事を読む

論証集~刑法各論~猥褻罪

論証集~刑法各論~猥褻罪 猥褻罪 わいせつ罪の保護法益 現行法上の解釈論としては、わいせつ罪は社会的法益に対する罪と捉えるべきであるから、その保護法...

記事を読む

レポート集~日本政治史~西園寺公望

日本政治史~西園寺公望 西園寺公望の政治史上の功罪 西園寺公望は、1849年(嘉永2年)10月23日、京都の公家、徳大寺家の次男として生まれ、4歳のと...

記事を読む