学説判例研究~民訴~証拠法総論

証拠法総論 証明と訴明 証明=裁判官がある事実につき高度の蓋然性をもってその存在を確信した状態、または、裁判官の心証をその状態まで到達させるよう働きか...

記事を読む

問題解答例~リーガルクエスト憲法1-7章

第7章 裁判所と司法権 問題1 現行法上の訴訟のうち、どのようなものが客観訴訟として、説明されているだろうか。それらのうち、主観訴訟としての説明が可能...

記事を読む

問題解答例~リーガルクエスト憲法1-9章

第9章 地方の政治制度 問題1 地方公共団体の長の多選が問題となっている。これについて、条例で制限することは可であろうか。法律によるのであれば、どうか...

記事を読む

問題解答例~ケースブック刑法:1講問1

ケースブック刑法〔第4版〕解答例 第1講 実行行為の特定 【設問1】(元ネタ→クロロホルム) 第1講:実行行為の特定 1.Yの罪責について (1) 本件Yは、生命保険金詐取を目的としたXからその夫Aの殺害の依頼を受け、Xとの共謀のもと、Aに多量のクロロホルムを吸引させることで失神させ(第1行為)、その後意識のないAを車に乗せ、そのまま車を海中に転落させ沈めた(第2行為)。このような殺害計画とその実行によってAは死亡していることから、Yの

記事を読む

語呂合わせ集~公法編

語呂合わせ集~公法編 憲法 天皇の国事行為 天皇陛下の、県政情報 憲法改正 政令 条約 法律 内閣の権能 天...

記事を読む

試験前暗記用レジュメ~民法~特定物債権

民法暗記レジュメ 特定物債権 意 義 ・特定物債権→特定物の引渡しを目的とする債権(400条)。 ・特定物→具体的な取引において,当事者が...

記事を読む

試験前暗記用レジュメ~民法~債権の目的

債権の目的 債権の目的の意義 ・債権→特定の人(債権者)が特定の人(債務者)に対して一定の行為(給付または給付行為)を請求できる権利⇒債権の目的(債権...

記事を読む

学説判例研究~憲法~義務規定

憲法学説判例研究 義務規定 明治憲法と日本国憲法の人権保障規定 明治憲法の下では、兵役の義務(20 条)、納税の義務(21 条)、教...

記事を読む

学説判例研究~憲法~憲法学上の古典的思想

憲法学上の古典的思想 そもそも近代憲法の人権保障体系は、「人の生来の自由や権利の名において、国家が国民を支配する限界を示そうとするもの」(野中・中村・高...

記事を読む

レポート集~政治~ロールズのリベラリズム

政治レポート ロールズのリベラリズムについて述べよ。 現代リベラリズムの代表であるロールズは、次のように考える。 「まず、共通の規範が存在しない状態...

記事を読む

学説判例研究~行政法~ノート~76-80事件

行政判例ノート76~80 76:裁量と不確定概念 【最判平成11年7月19日】 ■論点 ・法律が不確定概念によって規定されている場合に、行政庁に裁...

記事を読む

学説判例研究~行政法~ノート~71-75事件

行政判例ノート 71~75 71:公定力 【最判昭和30年12月26日】 ■論点 ・違法な行政処分は、当然に無効となるか。 ■事実の概要 ...

記事を読む

学説判例研究~行政法~ノート~61-70事件

行政判例ノート 61~70 61:相手方への到達 【最判平成11年10月22日】 ■論点 ・行政行為の効力の発生時期は相手方に到達したときに生じる...

記事を読む